安全運転で年末を 尾鷲署と三重県警高速隊呼び掛け

【啓発物品を配布する県警高速隊員ら=紀北町の紀北パーキングエリアで】

【北牟婁郡】年末年始にかけて紀勢自動車の交通量増加に伴い、尾鷲署と三重県警高速隊ら20人は6日、紀勢自動車紀北パーキングエリアでドライバーに交通安全を呼び掛ける啓発活動を実施した。

帰省客らの増加で交通量が増えるため、毎年この時期にドライバーに啓発物品を配布し、全席シートベルト着用の徹底や飲酒運転の根絶を訴えた。

県警高速隊によると、11月28日現在、紀勢道での事故は79件(前年比13件減)発生している。