WIZARDが3位 ドッジボール・サオリーナ杯 三重

【サオリーナ杯で熱戦を繰り広げる小学生ドッジボール選手ら=津市産業スポーツセンターサオリーナで】

ドッジボールのサオリーナ杯選手権2017(三重県ドッジボール協会主催、伊勢新聞社など後援)は3日、津市北河路町の津市産業スポーツセンターサオリーナであった。小学3~6年生で編成する15府県の48チームが熱戦を繰り広げ、西尾ブレイズ(愛知)が優勝、県勢最高はWIZARDの3位だった。

ドッジボール選手の交流を目的に県内外から参加者を募り毎年実施。昨年まで「ドッジボール選手権INお伊勢さん」の名称で伊勢市などで開き、今年10月のサオリーナ開場に合わせて会場地に津市に変更した。

来年3月にはサオリーナで「春の全国小学生選手権」を初開催。県内での全国大会開催も初めてといい、県ドッジボール協会の山本高義理事長は「県外から来る選手に『ここで試合をして良かった』と言ってもらえる大会にしたい」と話していた。