鈴鹿の「FEED」指定 国の航空宇宙産業特区で 三重

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は1日、中部地方を対象にした国の国際戦略総合特区「アジアNO.1航空宇宙産業クラスター形成特区」で、新たに同市寺家町の自動車部品・用品製造業「FEED」(門田祐二社長)が指定を受けたと発表した。指定は11月30日付。

市内で特区指定を受けている事業者は、今回を含め5事業者になる。

特区内で宇宙機器開発供給事業などへの設備投資などをする時、国の指定を受けると税制面などで国の支援を受けることができる。