徳風高生徒が指導 亀山でパソコン市民講座 三重

【生徒の指導で文章作成や表計算をする受講者=亀山市和賀町の徳風高校で】

【亀山】三重県の亀山市中央公民館は23日、同市和賀町の徳風高校で市民講座「パソコン教室」を開き、市民12人が受講した。

パソコンに苦手意識を持つ市民を対象に身近に活用してもらう狙い。同校の尾形大教諭とパソコンコース一年生14人の指導でエクセルを使った文章作成や表計算検定4級レベルの模擬体験をした。

同市和田町の呉山道夫さん(78)は「普段は、インターネットで調べたりしています。文字を正確に早く打てれるようマスターしたい」と話していた。1年生の落合柊人さん(15)は「理解していることを分かりやすく教えるのが難しかった。人に教えることで復習にもなります」と話していた。