三重・四日市 国道交差点でトラックと車衝突 2人重体、2人軽傷

【四日市】18日午後0時10分ごろ、三重県四日市市東富田町の国道23号の信号交差点で、南進右折中の浜松市西区桜台2丁目、会社員中村圭吾さん(31)が運転する普通乗用車と、北進中の四日市市伊坂台1丁目、会社員松岡直哉さん(28)の中型トラック(約5トン)が衝突した。いずれも普通乗用車に乗っていた、後部座席の2人が重体、残る2人が軽傷で、四日市市内の病院に搬送された。

四日市北署によると、普通乗用車後部座席の静岡県浜松市北区引佐町、無職中村悦男さん(67)と妻のパート従業員保枝さん(62)が全身を強く打ち重体。運転手の中村圭吾さんと助手席の20代女性も打撲など軽傷で治療を受けた。トラックの松岡さんにけがはなかった。

現場は片側2車線の直線道路で、信号は双方青だったという。中村さんは家族で菰野町の温泉施設に向かう途中、松岡さんは四日市市から川越町に積み荷を搬送途中だったといい、詳しい原因を調べている。