環境負荷低減に努力 10年継続企業に感謝状 ミームス認証機構 三重

【朴会長(前列右端)から十年継続環境活動の感謝状を贈られた事業者ら=津市羽所町のアスト津で】

【津】三重環境マネジメントシステム「M―EMS(ミームス)」認証機構(朴恵淑会長)は16日、三重県津市羽所町のアストプラザで「平成29年度環境セミナー」を開いた。環境負荷の低減に長年取り組む21事業所に感謝状を贈ったほか、活動報告や記念講演などがあり関係者約60人が参加した。

朴会長は「三重に合った環境マネジメントシステムとして13年前に発足した。より多くの方が身近なものとして考えられるよう発展していきたい」とあいさつ。初級のS1、上級のS2各規格で認証取得を10年継続する事業所の代表らに感謝状を手渡した。

受贈者を代表し川越町の木材加工業アマノウッドの天野一民代表(59)があいさつし「三重の山で取れた木をお客さんに届けることが今後10年の課題。木材を通じた環境活動を一丸となって続けていきたい」と決意を述べた。

活動報告では現在継続的に活動する事業所は216▽内訳は建設業26%、製造業28%、サービス業35%―などと報告。記念講演では「海の博物館」学芸員の縣拓也さんが「自然生態系をサメと人との関わりから観ると」と題して話した。

そのほかの10年継続環境活動事業者は次の皆さん。

〈S1〉=竹中商店▽三電工業▽帝産大鐘ダイカスト工業▽伊藤急配▽エリートクリーニング▽泰光油脂化学工業三重工場▽シンコ―▽上田新工業▽伊藤工務店▽四日市商工会議所▽ウエノ紙工業▽オフィスいとう〈S2〉=東亜機工▽ダイソウ工業▽江南化工▽万協製薬▽七宝建設▽岡本組▽幸組▽きれい・リサイクルシステム