亀山 20代女性、19万詐欺被害 ネットサービス料名目 三重

【鈴鹿】鈴鹿署は10日、三重県の亀山市内に住む20代の女性アルバイトがインターネット有料サービスの支払いを名目に、約19万4千円分の電子マネーをだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。

同署によると、女性は携帯電話で有料サービスの未納を伝えるメールを受け、記載された連絡先に電話したところ、男に「未納料金を支払ってもらえないなら、法的手続きで請求する」などと催促された。

女性は男の指示通り、鈴鹿市内にある2店舗のコンビニを訪れて、電子マネーを1枚ずつ購入。電子マネーを利用するための番号を男に伝えた。その後、不審に思って消費者センターに相談した。