全国高校サッカー三重県大会・あす決勝 三重か、四中工か

サッカーの全国高校選手権県大会決勝は11日午後0時5分から、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿メーングラウンドで行われる。三重と四日市中央工が対戦して、三重は初の、四日市中央工は2大会ぶりの全国高校選手権出場を目指す。

三重はボールを細かく動かしながらポゼッション率を高め、MF南出紫音(3年)のドリブル、FW藤村泰士(3年)の正確な左足のキックなどで厚みのある攻撃を仕掛けたい。準決勝はいなべ総合に先制点を奪われたが2連続ゴールで逆転した。

選手権の出場経験はないが夏の全国高校総体(インターハイ)には2年連続で出場中。4度目の出場だった今年、初戦で前橋育英(群馬)に0―7で完敗した屈辱も糧にする。伊室英輝監督は「悔しさは自分たち以上に選手が感じている。決勝でも必ず勝ちたい」と話し全国での雪辱を期す。

四中工は準決勝で2連覇を目指した海星を2―2からの延長PK戦で下した。DF鈴木太郎ら3年生の献身的な守備と、フィジカルの強い森夢真(1年)、スピードに秀でた山本龍平(2年)のツートップら下級生のセンスあふれる攻撃の融合が今年のチームの特長だ。

県新人大会は2回戦敗退、インターハイを懸けた県高校総体は準決勝敗退と苦杯をなめ続けたが県1部リーグで優勝して浮上のきっかけをつかんだ。樋口士郎監督は「1年をかけて皆で成長してきた。あと1つきっちり勝って全国へ行きたい」と話している。