鈴鹿 佐佐木信綱記念館で特別展 初公開6点含む79点 三重

【信綱とふるさと石薬師の関わりについて紹介する特別展=鈴鹿市石薬師町の佐佐木信綱記念館で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市はこのほど、同市石薬師町の佐佐木信綱記念館で特別展「佐佐木信綱とふるさと石薬師」を開き、信綱(1872―1963年)の「ふるさと石薬師への思い」に焦点を当てた資料計79点を展示した。12月17日まで。入館無料。

故郷を詠んだ直筆短冊や昭和25年に父をまつる記念碑の前で撮影した写真などを展示。初公開は、最後の石薬師訪問時(昭和25年)に当時石薬師小6年の代表児童が読んだ歓迎の辞など6点。来館者先着千人に展示内容を解説した図録を無料配布している。

関連イベントとして11日午後1時半―同4時、佐佐木信綱顕彰会会員として研究を続ける同町の北川英昭氏の講演や市文化財課の学芸員前田有紀さんの展示解説がある。前田さんの展示解説は25日午前10時半、12月16日午後2時半からも実施。所要時間約40分。いずれも申し込み不要、参加無料。問い合わせは同館=電話059(374)3140=へ。