ひき逃げ容疑で男逮捕 三重・津の県道、車で原付と衝突

【津】16日午後10時55分ごろ、三重県津市寿町の県道で、乗用車がガソリンスタンド店員の男性(32)=津市緑が丘=の原付バイクと衝突した。男性は足の骨を折る重傷を負ったが、乗用車は逃走。津署は17日、重傷ひき逃げ(過失運転致傷)と道交法違反(救護義務・報告義務)の疑いで、乗用車を運転していた鈴鹿市白子町の会社員田村高志容疑者を逮捕した。

同署によると、男性は帰宅中、田村容疑者は出勤中だった。いずれも片側2車線の県道の左車線を南進していたが、田村容疑者が男性に追突し、そのまま逃走した。17日未明、田村容疑者から「何かとぶつかったようだ」と電話があり、車の痕跡などから容疑者と特定された。「原付だとは思わなかったので、止まらずに走り去った」と容疑を一部否認しているらしい。