紀北町に健康増進施設 来月1日開業、完成祝う 三重

【完成した健康増進施設「紀北健康センター」=紀北町相賀で】

【北牟婁郡】紀北町相賀で建設が進められていた健康増進施設「紀北健康センター」が完成し、11日に竣工(しゅんこう)式があった。

式には鈴木英敬知事や県議、町議ら約50人が出席。尾上壽一町長が「住民の皆さまが気軽に集い、健康の増進が図れるように、利用者の意見を生かしながら適切な運営を行っていきたい」とあいさつした。

約350通の応募から施設の愛称に選ばれた東京都の広告会社社員、樋口盛一さん(33)に尾上町長から感謝状が贈られた。また、五輪メダリストの武田美保さんのトークショーや餅まきもあった。

施設は町が住民の健康寿命を伸ばすことを目的に約10億円かけて整備した。昨年7月に着工し、今年9月に完成した。指定管理者はNPO法人海山スイミングクラブ。センター長は同法人理事の濵田哲さん(62)が務める。

25メートルの温水プールやトレーニング機器を備えたトレーニングルーム、音響整備を備えたスタジオなどがある。標高14・3メートルの屋上は560人収容可能な津波避難所として活用する。

11月1日に開業する。営業時間は午前10時―午後9時。日曜祝日休み。利用料金は、月決めは町民は一般5400円、60歳以上4320円、70歳以上と障害者3240円。町民以外は一般7560円、障害者は5400円。25日から30日まで無料体験期間がある。

問い合わせは同施設=電話0597(31)0210=へ。