ツバキの小枝手に優雅に舞う 鈴鹿・椿大神社秋季例大祭 三重

【舞楽「蘭陵王」を奉納する神宮楽師=鈴鹿市山本町の椿大神社で】

【鈴鹿】鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)は11日、同神社で秋季例大祭の本宮例大祭を開き、楽師による舞楽やみこの祭祀舞奉奏などで、豊作に感謝し世界平和を祈念した。

神宮楽師らは、武勇と才知にたけた中国・北斉の王を題材にした舞楽「蘭陵王」を奉納。ツバキを描いた華やかな舞装束のみこ4人は、紅白の花を付けたツバキの小枝を手に祭祀舞「椿宮」を優雅に舞った。全国各地から参集した約200人が静かに見入っていた。

猿田彦大神の御神霊を本殿から別宮椿岸神社へ神幸する「神幸祭」も執り行った。12日は午前10時から、別宮例大祭と京舞井上流家元による舞い奉納、同11時、椿岸神社から猿田彦大神の御神霊を本殿に奉遷する「還幸祭」などがある。