衆院選 共産「共闘復活の兆し」 民進三重県連、全員支援へ

民進党が希望の党に合流することへの対応を巡り、三重県内小選挙区で1区の松田直久氏と2区の中川正春氏が無所属での立候補を表明したことを受け、共産党県委員会は3日の取材に対し、1区と2区の立候補予定者を取り下げる考えを示した。

共産党県委員会は県内で野党統一候補が当選した昨年の参院選以降、今回の衆院選に向けて野党候補の統一を模索していた。しかし、安保法制を容認する希望が民進と合流したことを受け、希望が立候補する選挙区には公認候補を擁立する考えを示していた。

一方、松田、中川両氏が無所属での立候補を表明したため、共産党県委員会は1、2区の候補者を取り下げる方針。大嶽隆司委員長は「野党共闘復活の兆しが見えたが、公示まで時間がない。急いで市民連合みえを介して候補者と政策協定を結びたい」と語った。

ただ、無所属での立候補は比例復活の道が閉ざされることに加え、政見放送もなくなるなど活動も制約される。民進党県連の三谷哲央代表代行は「候補者が熟慮した判断を尊重する。これまで通り新政みえや連合三重と協力して全員を支援する」と話した。

一方、民進党の候補者が判断を思案した間も、自民党の陣営は着々と選挙の準備を進めた。自民党県連の中森博文幹事長は「無所属で立候補する相手方とは党の政策で対峙(たいじ)できないので残念。われわれは党の政策を評価してもらえる活動を従来通り進める」と話した。