紀南病院の医師確保を 御浜町長、三重県知事と「一対一対談」

【対談する鈴木知事(左)と大畑町長=御浜町役場で】

【南牟婁郡】三重県の鈴木英敬知事と御浜町の大畑覚町長の「一対一対談」が25日夕、町役場であり、紀南病院の医師確保や道路建設について意見交換した。

大畑町長は、同町阿田和にある紀南病院の専門医の確保について「産婦人科医がおらず、休診が続き再開のめどがたっていないなど、十分な診療体制が整っていない」と指摘。さらに同科以外でも「一部の診療科では非常勤の医者で対応している状況。支援をお願いしたい」と要望した。

鈴木知事は「三重大学に紀南病院への派遣を継続して要請している。さまざまな方法をしっかり考え、関係市町の皆さんと連携して取り組みを進めていきたい」と答えた。

大畑町長は熊野市まで高速道路が延伸したことについて「時間が短縮され、救急搬送時に患者の負担や運転手の疲れが軽減されている」と効果を説明。未事業化区間である近畿自動車道紀勢線の紀宝IC(インターチェンジ)(仮称)―熊野市久生屋町間の早期事業化について国への働き掛けを求めた。

鈴木知事は「災害などに強い道路は重要。県が国に働き掛ける最重点道路の一つとして取り組んでいく」と述べた。

知事と市町長の一対一対談は「県と市町の地域づくり連携・協働協議会」の事業で、7年目となる。