川口が大会第1号本塁打 名張、7回反撃一矢報いる

【松阪―名張 七回裏、ソロ本塁打を放って生還する名張・川口奨太=松阪球場で】

松阪に2―10の七回コールド負けを喫した名張だが、0―10とリードされて迎えた七回、この回先頭の3年生川口が大会第1号となるソロ本塁打で反撃の口火を切った。「フルスイングじゃなかった」が、松阪主戦柴田の「ストレート、真ん中」を力で右翼スタンドに運んだ。

これに奮起した同じ3年生の古谷、西岡の連打と山本の内野ゴロで塁を埋めると、暴投の間にさらに1点返した。北森監督は「公式戦で勝てずに来た3年生が、〝思い〟の強さを見せてくれた」とたたえた。

川口は小3から始めた野球で公式戦初の本塁打。スタメンの座をほぼ手中に収めていた昨年夏は県大会開幕直前に発症の肺炎で棒に振り、「これが最初で最後のチャンス」だった。「ベンチ、スタンドで応援してくれるみんなの気持ちがバットからボールに伝わった」と感無量だった。