三重県職員が飲酒運転容疑 津署、接触事故起こす

【津】津署は13日、道交法違反(飲酒運転)の疑いで、津市安濃町草生の県職員落合弘和容疑者(43)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午前11時50分ごろ、同町戸島の市道で、飲酒の上乗用車を運転した疑い。

同署によると、落合容疑者は亀山市内から自宅へ戻ろうと片側一車線の市道を南進していたが、センターラインをはみ出し、乗用車の無職男性(65)と接触。男性が通報し、発覚した。けが人はいなかった。

この日は休暇だったといい、「缶酎ハイを飲んだ」と容疑を認めているという。落合容疑者は県健康福祉部総務課の主査で、県立看護大学に出向、同大事務局企画総務課に勤務している。