猛暑の中〝鉄人レース〟774人 伊勢志摩・里海トライアスロン

【スタートを切る選手=志摩市浜島町浜島で】

【志摩】第五回伊勢志摩・里海トライアスロン大会(伊勢新聞社など後援)が二日、志摩市浜島町浜島の大矢浜海水浴場を主会場に開かれた。県内外からの774人が出場し、全長51・5キロのコースを駆け抜けた。

選手らは午前10時にスタート。海水浴場から沖合まで泳ぐスイム一・五キロ、主会場から南伊勢町までを自転車で往復するバイク40キロ、浜島町内を駆けるラン十キロの合計タイムを競った。沿道には多くの見物客が駆け付け、体力の限界に挑戦する“鉄人”に声援を送った。

初優勝を果たした石川剛士選手(27)=愛知県豊田市=は「暑くて苦しい場面もあったが三度目の挑戦で初めて優勝できてうれしい」と話していた。

結果は次の通り。

▽男子総合①石川剛士二時間九分34秒②藤井雅之二時間十分47秒③倉内誠司二時間13分53秒▽女子総合①高間佐知子二時間39分28秒②竹松千華二時間39分34秒③朝岡倫代二時間40分54秒