バレーの天皇杯・皇后杯県ラウンド 海星高、高田VC SalaがV

【男子準決勝で熱戦を繰り広げる海星高校、皇學館大の選手ら=伊勢市黒瀬町の伊勢学園高校で】

バレーボールの天皇杯・皇后杯全日本選手権県ラウンドは2日、伊勢市黒瀬町の伊勢学園高校などであり、男子は海星高校、女子は高田VC Salaが優勝した。両チームはファイナルラウンド進出を目指して、東海ブロックラウンド(9月・愛知県豊田市)に進む。

天皇杯・皇后杯は中学生以上のカテゴリーが違うチームが日本一を争う大会。東海ブロックラウンドには県内から海星高、高田VCのほか、V・チャレンジリーグⅡ参戦のヴィアティン三重の出場も決まっている。