大台町長選 尾上町長が不出馬表明 3人出馬へ

【町長選への不出馬を表明する尾上町長=大台町議会で】

【多気郡】大台町の尾上武義町長(70)は十六日、町議会定例会閉会後に発言を求め、任期満了(平成三十年二月十一日)に伴う来年一月下旬の次期町長選に出馬しないと表明した。

町長選には、大森正信町商工会会長(68)=小切畑=、小野恵司町議(42)=上菅=、元坂正人町議(72)=新田=(五十音順)の三人が出馬の意思を固めている。

尾上町長は「町長の激務に耐えられる気力と体力に限界を感じている。熟慮に熟慮を重ね、次期町長選には出馬しない」と語った。また「悔やまれるのは十六年九月、台風豪雨で七人の命をなくしたこと」「合併以来、一体感醸成へ防災無線、簡易水道統合、病院再編、協和中統合など一定の前進が図られた」と振り返った。

尾上町長は平成十一年、旧宮川村長に当選して二期務め、旧宮川村と旧大台町が合併した十八年の町長選で元坂氏らを破って当選した。二十二、二十六年は無投票当選。三期目。