GW神宮参拝、43万人 前年比28%増、菓子博効果

【伊勢】伊勢市は十二日、市議会産業建設委員会で大型連休中(四月二十九日―五月七日)の伊勢神宮参拝者数は前年比28%増の約43万1000人と報告した。平成二十五年の式年遷宮の年に次ぐ参拝者数といい、お伊勢さん菓子博の影響で増えたとみられる。

市交通政策課によると、内宮が約29万人(同31%増)、外宮は14万2千人(同22%増)。菓子博の開催により、伊勢のメディア露出が増え、来訪を促進したと分析している。

一方、市観光振興課によると、菓子博会場と伊勢神宮内宮を結ぶ臨時バスの利用者は内宮参拝者の1―3%にとどまった。同課の調査では菓子博で一日、伊勢神宮参拝で一日費やした観光客もいたという。