志摩で車転落 22歳男性死亡 2メートル下の草むらに

【志摩】三日午前四時五十分ごろ、志摩市志摩町片田の国道260号で、道路脇のガードレールを突き破り、約二メートル下の草むらに転落している軽乗用車を通行人が発見。近くのコンビニに駆け込み、店員が一一〇番した。運転席から同町御座の漁業藤澤貴紹(きし)さん(22)が頭などを強く打った状態で見つかり、市内の病院で死亡が確認された。

鳥羽署によると、現場は見通しの良い片側一車線の緩やかな左カーブで事故原因は調査中。