津南署管内で事故多発 安全運転で走ろう 交通死の現場で呼び掛け

【ドライバーに安全運転を呼び掛ける参加者ら=津市一志町井生の県道で】

【津】津南署(土口寮二署長)は十五―十七日の三日間、津市一志町井生の県道で啓発活動を実施し、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。管内で交通事故が増加しているため、津南地区交通安全協会(石川紀男会長)と取り組んだ。

実施場所では九日に軽自動車と自転車の死亡事故があった。参加者は一列に並び、「ゆっくり走ろう」と書いたカードを掲げ、運転手にアピールした。

今年の管内交通事故は十六日現在、死亡事故が前年同期比二件増の三件、人身事故が同三十九件増の百四十件。いずれの増加率も県内警察署の中で最も高い。