ジャズドリーム長島 国内最大の302店舗に 9月25日に新装開店へ

【ジャズドリーム長島の新棟イメージ図(三井不動産提供)】

桑名市長島町の商業施設「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島」の新装開店日が九月二十五日に決まった。三百二店舗に拡大し、国内最大のアウトレットモールとなる。運営する三井不動産などが十六日、第五期開発計画として発表した。

施設南側に増築中の新棟には、三十六店舗が新たに入居し、九店舗が移転。国内初出店となるイタリアのブランド「オロビアンコ」など生活様式を提案する店舗が加わる。屋内に設ける休憩用のラウンジスペースには、充電用のコンセントを整備する。

既存棟についても、新棟の開店に合わせてデザインを刷新し、改装する。既存棟と増築部分を合わせると、百店舗が新規出店し、四十七店舗が移転改装する。新装開店後は、九店舗が国内初、二十五店舗が東海地区のアウトレットで初出店となる。

飲食専門店は八店舗増え、米ロサンゼルスが本店のチョコレート専門店「コンパーテス」が東海地区に初進出。県内からは松阪牛専門店「朝日屋」がレストランを初出店するほか、老舗洋食料理屋「東洋軒」が既存店舗を改装オープンさせる。