小倉隆史さん、FC伊勢志摩のアドバイザーに就任

 FC伊勢志摩は11日の新体制発表会で、昨年名古屋グランパスで監督を務めた県出身のサッカー元日本代表の小倉隆史さんが、FC伊勢志摩のアドバイザーに就任したと発表した。

 就任に当たり、小倉さんは「サッカークラブを日本でつくることは大きなチャレンジ。教育、社会、歴史の意味も含めてクラブの社会的意義を高めていきたい」とあいさつした。

 小倉さんは名古屋時代にGMも兼任した経験から「選手、スタッフ、地域が一つになり、クラブが地域のシンボルになれるよう手伝いたい」と述べた。